変革とイノベーション
クリエイティブでGAFAM
(ビッグ・テック)を超えろ!

デザイン思考ワークショップ
presented by IBM Japan, Ltd.

昨年度総額70万円以上。ワークショップに参加して、豪華賞品の獲得を引き寄せよう!


Carousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel image


あの ”日本アイ・ビー・エム” が全面協力する特別プログラム
「デザイン思考」とは。IBMやMicrosoft、Google、Appleも採用する、ユーザー体験をベースにした新規創造型の問題解決思考法です。
 

POINT〉 昨年度ワークショップ参加チームがICTコンテスト最高賞、4チームが入賞受賞

【こんな方にお勧めします】
・将来クリエイティブな仕事をしたい。
・社会課題を解決する取り組みを考えたい。
・ビジネスや社会でキーパーソンになりたい。
・みんなでアイデアを出し合う経験がしたい。
・就職活動やAO入試に向けてPRする材料にしたい。
・コンテストで豪華賞品をゲットしたい!




エントリー期間 
2022.6.18sat 2022.7.31Sun

Event Outline

開催日時
DAY1 2022.08.07sun 10:00-16:00(予定)
DAY ⇀ 2022.10.30sun 10:00-16:00(予定)

対象部門
学習コンテンツ
DXチャレンジアイデア
DXチャレンジプログラム


会場
山口県庁会議室
753-8501 山口県山口市滝町1−1
追加:JOIN083大丸下関店
〒750-0025 山口県下関市竹崎町4丁目4−10
※オンライン参加もOKです
ただし、グループでのオンライン参加の場合は、同一拠点からとしてください。

講師
メインファシリテーター山田章一(日本IBM)
その他サポートメンバー多数

受講料
無料

対象者
山口県内の高校生及び高校教員
一人参加歓迎!!
※中等教育学校後期課程及び特別支援学校含。
※高校教員は生徒とグループで参加可。
グループ・個人のいずれでも参加可。


定員
10組
※定員となった場合は、募集を締め切ります。

Program Outline

DAY1.2022.8.7 sun ⇀アイデア発散プログラム
IBM流クリエイティブフレームワークを用いた コ・クリエーション(Co-Creation)

DAY1 Design thinking framework

  1. ペルソナ設定 Persona settings

  2. 共感マップ Empathy Mapy

  3. 現状シナリオマップ Current scenario map

  4. 目標の丘 Goal Hill etc.

サービスを提供したい人物像をペルソナとして具体化(ペルソナ設定)し、背景や感情の動きを分析(共感マップ/現状シナリオマップ)。その結果を元に、ペルソナが WOW! と驚くようなアイデア(目標の丘)を生み出す思考を体感します。

DAY2.2022.10.30 sun ⇀アイデア収束プログラム
IBM流クリエイティブフレームワークを用いた コ・クリエーション(Co-Creation)

DAY2 Design thinking framework

  1. ビッグピクチャー Big Picture

  2. プレゼンテーション Presentation

  3. フィードバック feedback

DAY1で発散させたアイデアを、ビッグピクチャーと呼ばれる1枚の大きな絵に落とし込んで、アイデアを収束させます。作成したビッグピクチャーについて、グループごとにプレゼンテーションし、参加者で共有。多様なフィードバックを受けることで、作品の洗練や、自身の成長につながります。

ワークショップの共通ルールについて

  1. チームメンバーからの意⾒やアイデアを否定しない︕

  2. 「yes,and」を使いましょう。いいね︕さらにこうすれば・・

  3. 細かいことにとらわれず、たくさんアイデアを出しましょう。

  4. ⼤胆な発想OKです。(空想の世界でもOK)

  5. オープンマインドで楽しみましょう︕

高い心理的安全性の中で、ワイガヤ(わいわいがやがや)で楽しむワークショップにしましょう!!


contact

(主催)
山口県教育委員会

(運営事務局)
林兼コンピューター株式会社(井原)
jimukyoku@yamaguchi-ict.info